セフレ募集

セフレ募集の人と一度顔合わせってことで、飲みに行ったことあるんですけど、私はその日はエッチする気なかったんです。
最初に打ち解けてから・・・と条件つけましたし、初回からエッチする気ないってことは相手も了解済みでした。
セフレ募集でこういう条件付けると、男ってそれでも会えればヤレる、ヤルところにまで持ち込めるって勘違いする男と、「だったら会わなくていい」ってあっさり引く男と別れますよね。
そのセフレ募集の男、前者だったんですけど、卑屈でしたね~。
一緒に飲みに行ったはいいけど「僕らがセフレ募集で、今日が会うの初めてのカップルだって誰も思わないでしょうね~」ってささやいてきたり・・・
JKとの援交にTwitterを使って習得した失敗しないセフレの探し方
「セフレ募集なのにエッチしてない関係だとは誰も思わないでしょうね~」って嫌みっぽく言ったり。
ヤレない相手って分かってるから、なんか皮肉か嫌みを言いたいみたいなんだよ。
「セフレ募集なのに、やらない条件でも会ってやって紳士的な態度を取る自分」を認めて欲しいみたい。
まぁ、自分の心の中だけで紳士な気分を味わってればいいじゃん。
それを私にまで認めさせようとするところが、もう下種だよね。
これは、一種の「エッチする気がないなら会わない」男の派生的一種だとカウントした方がいいのかもしれない。
エッチしないなら会わないのが基本姿勢だが、「会ってやってもいい」という上から目線。
「自分にここまで無理させてるんだから」と恩を売ろうとしてるんじゃないかな。
男の上から目線って、自分勝手な理屈通そうとするから手に負えないですよね。
ワリキリアプリ
泊めて欲しい